2019年02月22日

エックの自作自演集

ヴェルナー・エックは1901年生まれ、1983年に没したドイツの作曲家、指揮者、教育者。
本名はヴェルナー・ヨーゼフ・マイアーだったが、結婚した1923年以降、「エック」を名乗っている。
このエックegkは 「Ein großer Künstler(素晴らしい芸術家)」あるいは「Ein guter Komponist(良い作曲家)」の略号だとも言われている。彼自身はヴァイオリニスト(Geigerin)の妻の名Elisabeth Karlから作ったと主張していた。真面目にこんなことを言っていたとしたら、なんだか面白い。着想がDAIGO的^^;

エックはカール・オルフの弟子であり、大戦期にはその明快な作風がヒトラーや宣伝相ゲッベルスに気に入られ、ベルリンオリンピックの祝典音楽やナチスのプロパガンダ映画の音楽で名声を上げた。
戦後は、ナチス協力者の汚名を被りながらも、指揮活動、ベルリン音楽大学学長や国際著作権連合代表など、重要ポストを歴任している。そのへんも師匠オルフと似た状況だった。
指導や教育能力の評価は下がらなかったものの、作品の多くはコンサートから姿を消し、作曲家としては「忘れられた」というより「忘れなければならない」ものという扱いを受けている。決して演奏禁止ではないが、公開演奏は躊躇する種類のものであり、反ユダヤ主義が表面化してしまった以上は看過できないということなのだろう。
そもそもルターの宗教改革も、その根源のキリスト教会の在り方も「反ユダヤ」には変わりないのだから、何を今さら感も拭えない。黒く浮き出した民族ヘイトのシミを表面だけ塗りつぶしたところで消えるものではないし、塗らなければ粛清します、というのもまたファシズムの一種だと思うのだが。
プロパガンダと歴史の闇を意識せずに聴くことのできない音楽、というのも不幸だ。

この盤は1966年発売で、エック自身が指揮した自作自演アルバム。

dg-egk.jpg
エック:自作自演管弦楽曲集
   聖アントワーヌの誘惑(1945)
   中国のナイチンゲールのバレエ(1953)
   オーケストラ付きのヴァイオリン音楽(1936)

ヴェルナー・エック(指揮)
バイエルン放送交響楽団
ジャネット・ベイカー(アルト)
ワンダ・ウィルコミルスカ(ヴァイオリン)
(DG  LP 西ドイツ輸入盤)


まず、B面後半に入っている最後の曲から紹介したい。
この1936年の「オーケストラ付きのヴァイオリン音楽」は、ヒトラーが独裁政権を握って3年、ナチスドイツはヨーロッパ中で快進撃を続けていた時期のものである。師匠オルフの「カルミナブラーナ」などと近い時期の作品だが、ああいった原始的なエネルギーはここにはなく、別段、民衆鼓舞扇動の意思は感じられない。
彼にとって音楽を書く作業は政治的活動ではなかった。
少なくとも、許される範囲で自由であろうとした、ありたかったということだろう。

最初に入っている作品が1945年の「聖アントワーヌの誘惑」
オーケストラ付のアルト独唱リートの体裁だ。
テキストはフローベールが1874年に出版したもので、「アントワーヌ(アントニウス)がテーベ山頂で、一夜にあらゆる宗教の神々の幻覚を経験し、生命の始原を見て、やがて朝日のなかにキリストを見出す」という教祖開眼のような物語。
ドイツ人ならゲーテの「ファウスト」を使いそうなのだが、やはりナチス崩壊の年ということもあったのだろう、ナショナリズムを回避しようと考えたのだろうか。もっとも、作曲を進めていたのはナチス政権化だったはずだから、検閲によくかからなかったものだと思ってしまった。
まあ、その頃にはナチスにとっては新作音楽なんぞどうでも良くなっていたのかもしれないが。
エックのこの時期の創作意欲がどの程度だったのかわからない。この曲は、緊張はあっても気迫を削がれたような、どこか虚脱した音楽になってしまっている。
熱と運動性が下がった分、意外と現代的な音楽として響いてくる。
これを聴くと、ナチスの許で数々の作品を生んできたのは、必ずしも嫌々だったわけではない…なんとなくそう思えてくる。
政権の崩壊は開放を意味しそうなものだが、彼にとってはそうでもなかったのだ。良くも悪くも、どんな非常時にもナチスは仕事の場を保障してくれたのだから。

その2つに挟まれて両面またぎで収録されているのが「中国のナイチンゲールのバレエ音楽」
1953年の作品。戦後作品となるとタガが外れた風になるかと思いきや、前衛に走ることない保守的な和声に終始している。
全く中国的東洋的ではなく、異国趣味を意図したものではない。「ブンチャカチャ」という人を食ったようなリズムの音楽は、楽しさとはまた違う、奇妙な違和感を伴いながら進行していく。
ショスタコーヴィチの皮肉や諧謔や暗黒面とも異なり、エックが戦後10年越えてもなお引きずらねばならなくなった親ナチスの「烙印」が何やら彼の芸術や創作意欲を蝕んでいる痕跡を感じた。

こんな記事を書いてしまったが、エックの立場や成立状況を知らないならば、これらはきっと素直に聴ける音楽たちだ。
エックはべつに戦犯というわけではない。彼もまた、あの戦争の時代をそのようにしか生きられなかった、大きな傷を負った芸術家のひとりなのだ。

posted by あひる★ぼんび at 23:18| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]