2019年01月29日

アダムのシューベルト

今月10日、テオ・アダムが亡くなった。1926年生まれ、92歳だったそうだ。

舞台デヴューは1949年だが、その頃はまだ東ドイツの情報が西側に入ることはなかったようだ。
しかし、1960年代後半から、シュライアーなどとともにビクターや徳間から多数のレコードがリリースされ、来日も実現し、リートやオペラの愛好家に高評価で迎えられるようになっていった。
東ドイツの音楽家ということで、公演内容も「当局」を通したお堅いものだったし、突然テレビ出演するなんていうこともありえなかった。
このアダムやシュライアーなど、東ドイツ演奏家の録音物やコンサート評には「商業主義に毒されていない端整な音楽表現」とか、結構お決まりのキャッチコピーが付くことが多かった。
実は自分にはその違いがわからなかった。あまりに多くの音楽専門誌が書くものだから、なんとなく「そういうものなのだろう」という感覚にはなっていたが…。
高校生だった自分は、「端正で誠実に聴こえるのは事実だが、それと商業主義かどうかは関係ないのでは?」「クラシック歌手もひとつの職業だ。そこに相応の対価がなければ意味がないのでは?」そんなことを考えたものだった。結構クール^^;

ずっとのちにシュライアーがインタヴューで「西側での客演や録音は、外貨獲得に積極的な当局から高額の報酬を得られるし、何より自由な空気が吸えるのだから話に乗らない手はありませんでした。中には知り得た情報を伝えることで更なる高額対価を得ていた人もいましたよ」とカミングアウトしている。
これは商業主義よりヤバイかも…でもまあ、世の中そんなものである。シュライアーは他人事みたいな言い方をしていたが、自身はどうだったんだろう^^;
統一ドイツになってから、HJロッチュにスパイ容疑がかかったり、スウィトナーすら取り調べを受け、行動が制限されていたのは周知のこと。K・ザンデルリンクの党運動家宣言やケーゲルのピストル自殺も政治的な事件であり、彼等は皆、被害者でもあったのだろう。

さて、アダムはヴァグナー歌手として期待を集めていた。
実際の舞台に接した評論家からは「丁寧な表現だが声量が充分ではない」とか「こもり声で表現も固く、全体に聴き取りずらい」とか勝手な感想が出されていた。なじみの薄い中堅に冷たい音楽界である。
確かに、繊細な表現を盛り込むことを重要視すれば、声量は制限せざるをえなくなるだろう。いくつかのアルバムを聴く限り、彼はそちらの歌手だった。だから、大編成のオケが鳴りつづけるヴァグナーより、ピアノ一台と対峙するリートのほうが、彼の良い面が出てくる気がした。

普段から頻繁に聴く程、アダムのリートに親しんでいるわけではないが、LP時代から時折聴いていたのが、これ。

tktheoadam1.jpg
シューベルト:リート集
(魔王/羊飼いの嘆きの歌/ひめごと/ガニュメート/
さすらい人の夜の歌/御者クロノスに/初めての失恋/
アトラス/彼女の絵姿/漁師の娘/都会/
ドッペルゲンガー/鳩の使い)

テオ・アダム(バスバリトン)
ルドルフ・ドゥンケル(ピアノ)
(ドイツシャルプラッテン 国内盤)




「魔王」などの有名曲と「白鳥の歌」のハイネのうち「海辺にて」以外の5曲+鳩という、重量感のある選曲の1枚。CD化にあたってLP1枚分そのままなので、もたれることなく聴き通せる。
1964年〜65年の録音で、声も若々しい。また、感情を露にすることはなく、「魔王」すら冷静そのもの。そういう淡白さが、好みの分かれる部分かもしれないが、こういうスタイルもいいものだと思った。
「アトラス」など、本来激しいはずの曲でも威圧的にならず、少し愁いを感じる鼻にかかった声を丁寧に響かせている。さらに彼の古風な「舞台ドイツ語」がシューベルトの音楽に実にうまくマッチしている。
すべて「暗さ」を感じない「深さ」である。
幾分、LPとCDでは音質の印象が異なるが、どちらも「それとして良い」と思った。
この盤の他に良く聴いていたのはレーヴェのバラード集、そしてシューマンとRシュトラウスのリート集だが、どれもとても良い。
おりおりここでも記事にしていきたいと思っている。


posted by あひる★ぼんび at 23:03| Comment(2) | 音楽
この記事へのコメント
こんばんは。

テオ・アダム、ご長寿だったとはいえ寂しいですね。
実直な感じが好きでした。
社会情勢など含めての深い記事、勉強になります。
Posted by 真子 at 2019年02月08日 17:57
こんばんは。

アダムの歌声には冷静な中に穏やかな温もりがあって、包み込まれるような安心感を感じます。
燃焼系ではないゆえ、地味ですが聴くほどに味わいが増すものが多いです^^
facebookでも多くの音楽家が追悼メッセージや思い出を投稿していて、尊敬され愛された人だったのだと改めて思いました。

ドイツ統一の頃、旧東ドイツの音楽家は本当に大変だったようですね。まるで第2のナチ狩り…。
日本からは知りえることは限られますが、きくほどに複雑な思いにかられます。
Posted by あひる★ぼんび at 2019年02月08日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]