2017年07月01日

2017年のこどもまつり

仕事の合間に「こてさしこどもまつり」を覗いてきた。
子ども数が年々減り、しかも今日は雨天、道路は渋滞。
なにやら嫌な条件がそろってしまった。
実際、集まりは良くはなかったが、係の子ども達がほどよいゆるさで関われるぐらいの数で、結果的にはこれはこれで良かったのかもしれない。

射的。露店のような頑張っても届かないストレス設定はない^^
01DSCF4191.JPG

ダンボール迷路。
03DSCF4182.JPG

毎年人気の「おばけやしき」
02DSCF4192.JPG
ぜーんぜん恐くない!と言いながら(って当たり前だ)きゃあきゃあ楽しそう。
06DSCF4202.JPG

工作コーナー。ひたすら木っ端をトントントン♪
04DSCF4204.JPG

2階にもコーナーがあって、異世代交流が繰り広げられていた♪
05DSCF4199.JPG

エンディングはくすのき燕さんの腹話術。
01ko2.jpg
02kote1.jpg
バスの時間の関係で最初だけしか見られなかった。

継続は力。本当にそう思う。「こども劇場」もこういった行事の実行委員さん達もそう信じて続けている。
かつて前政権の事業仕訳で「こども夢基金」は「廃止相当国庫返納」に仕訳けされてしまったが、ずるずる実行されないことが幸か不幸か、今でも廃止されずに続いている。
対価のある成果が見えないのがこういった子どもの文化。
合理主義とあいいれないのも子どもの文化。
でもそこに傾けるエネルギーは未来への投資、子どもたちの笑顔は最高の報酬でもある。
最近、仕事の多忙と体調不良でまるで関われなくなってしまったけれど、僕ももう少し頑張りたい。

posted by あひる★ぼんび at 22:59| Comment(0) | 劇場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]