2021年07月11日

92回目のバースディ

プライは1929年7月11日ベルリンの生まれ。
preyはドイツ語としては「獲物」「狩猟」を意味する語だが、姓としてはそれほど多くはなく、外来姓の可能性が高い。―ey の語尾自体がドイツ語的ではないのだが、例外的に、富豪や貴族の家系は語尾に―eyをつけることがあった。オランダやベルギーあるいはイタリアの有力一族がドイツに根付いた、その子孫の可能性も高い。
実際、代々プライ家が経営する大規模精肉商社はかなり羽振りが良かった。
プライの父は「どんな道でも究めればよし」ということで、息子が音楽の道を歩むことに反対しなかった。・・・というより、そもそも商人になる為の実業学校ではなく神学関係のギムナジウムに入学させている時点で、息子には自由な道を歩んでもらおうと思っていたのだろう。激動の時代や、ナチスの不穏な動きの中で、息子が歩むべきはどういう道か・・・
プライは、父のことはそれほど多くを語っていないが、偉大な父親だと思う。

プライの人生は決して順風満帆ではなかったはずだが、堂々と生き、
音楽の道を究めた。

prey-porss.jpg

プライは80年代ごろから、シューベルト最晩年のホルン助奏付リート「流れの上で」を度々ステージに上げるようになっていた。レルシュタープの詩による9分位の作品で、主要なメロディは前年に亡くなったベートーヴェンの英雄第2楽章をベースにしているとも言われている曲だ。
「1828年の作品集」として「白鳥の歌」と組み合わせたり、近い時代の作曲家達の器楽オブリガート付リートとまとめてリサイタルを組むこともあった。
荒波に翻弄され、葛藤しつつ、やがて大海に出て天空に輝く星を見る、まさに人生のメタファー。
プライが晩年に近づくにつれこの曲を歌うことが増えたのは、作品の核心への共感が大きかったのだろう。

http://ahirunooto.sakura.ne.jp/d943.mp3
ピアノ:レオナード・ホカンソン ホルン:クラウス・ヴァーレンドルフ
1981年10月10日バートウーラハ (HMT81-2とHMT84-1の2種の現地限定アルバムに収録)
(mp.3対応のブラウザの方はそのまま聴くことができると思います)

どちらのCDの裏ジャケもピアノはヘルムート・ドイチュになっている。
しかし実際はこの日の演奏会はホカンソンだった。
ドイチュは82年からこの音楽祭に参加している。別日に同曲を共演していた可能性もあるが、それよりは、このCD自体が1982年や84年の演奏会からの音源を数曲加えた編集盤で、それらはすべてドイチュが弾いていることからくる誤りだったのだろう。
ちなみに中面の曲目表記はホカンソンになっている。おそらくこのCD製品化には複数のテキスト編集者がかかわっていたのだろう。受け手の自分たちは表示されているデータを信じるしかないわけだから、正確な記録を心がけてほしいものだ。
posted by あひる★ぼんび at 22:18| Comment(6) | プライ