2021年02月18日

若きドミンゴとプライのボエーム

2021年3月2日をもって「さくらのブログ」新規アカウントの受付を終了いたします。
パーソナルホームページに続き、いよいよブログの時代も終わりなのかな。
情報発信の主軸の移動は時代の流れには逆らえないわけで。
さくらがサービスを継続してくれる限り、ここは続けるつもりだが、以前の3つのサーバー会社のように「突然消去終了」もあるから油断できない。それらは有料無料関係なしだった。業界の常識なのか?

+++++++++
1970年代、若きプライとドミンゴの共演。ドイツ第2放送のTVオペラ番組。
プッチーニの「ラ・ボエーム」である。
これも多くの作品と同様、作曲者のコンセプトを損なわない程度に、ストーリーや登場人物を省略し、そこはナレーション等で補っていた。
これより以前の「ラジオオペラ」と同様にオペラの本質には「娯楽」があることを理解させてくれるシリーズだった。プライは常連だったが、ドミンゴはちょっと珍しいかもしれない。
元バリトンのドミンゴと、テノールも歌えるプライの音域はそれほど遠くないはずだが、モーツァルトやドニゼッティのアンサンブル曲が得意だったプライに比べ、ドミンゴは声の存在感と艶を優先していて「合わせ」が苦手なのがわかる。


https://www.youtube.com/watch?v=SWjYYRP0Bes

人生においても「一途な愛妻家プライ」と、現在「多数のセクハラ訴訟を抱えるドミンゴ」では生き方も大きく違ったようだ。いやまあ、そこは価値感の違いであって、彼らが生み出す音楽の質とは関係ないのかもしれないが^^;
そんな二人の歌の共演が映像で残っているのは貴重だと思う。
(映像として知られているプライのアイゼンシュタイン、ドミンゴ指揮の「こうもり」は楽しかった)
posted by あひる★ぼんび at 19:39| Comment(6) | プライ