2017年04月22日

祝進級すぺしゃるにがり

今回の「にがりの会」は進級祝い企画としてのスペシャル版・・・といっても作って食べるだけなんだけどね^^
にがりの会自体は中学生以上対象ながら、今回は先日の合宿参加の小学生2人も加わってちょっとだけ賑やかだった。

bIMG_4738.JPG
クレープを作ろうということで、材料は持ち寄り。

dIMG_4741.JPG
まあ、途中焼肉パーティ状態にもなったり。そこが食材持ち寄りの楽しいところ。
「なんでタレがないのっ!」ってそもそも焼肉は想定外だし^^;
(あ、小中高生の皆さん、「そもそも」は「元来」「元々」「最初から」と言う意味ですよ。「基本的に」なんて意味はないですからね!!間違って覚えないこと!)

cIMG_4739.JPG

賑やかに食べて、新学年スタート。みんな楽しき1年を!


posted by あひる★ぼんび at 23:45| Comment(0) | 劇場

2017年04月19日

ギロヴェッツの三重奏曲

音楽に求めるものは人それぞれだが、自分は「心の安定」のひとつの材料として聴いている。
ただ、特効薬ではないので、聴けば必ず安定するというものではないし、必ず「癒される」わけでもない。
しかし「聴く気がおきない」という時は、心がかなり荒み弱っているというバロメーターのように感じたりもする。
今、忙しさと諸々のことで、それこそ聴く気がおきない状況…なので少々記事も気が入らないのだが、なんとなくかけた1枚が意外にも楽しめたものだったので、とりあえず記事にしておこうと思う。

アダルベルト・マティアス・ギロヴェッツはボヘミア地方の生まれ。
本名はヴォイチェク・マチヤシュ・イーロヴェッツという。
1763年生まれだが、1850年まで生き、地元で父親から音楽の手ほどきを受けた後、パリ、ロンドンで研鑽しつつ活躍した。
その後ヴィーンに定住し、宮廷副楽長、楽長として長く活躍した。
歴史的には1789年のフランス革命、その後のナポレオンの登場と失脚、反動・・・とヨーロッパ各国は大きな渦の中であり、モーツァルト、ハイドン、そしてベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーン、シューマン…なんと多くの作曲家の生涯をカヴァーしていて、その変遷を肌に直に感じていたことだろう。
ギロヴェッツ自身はハイドンに強い影響を受けていたようだが、モーツァルトは彼の作品を高く評価していたという。ちなみにショパンがヴィーンでデヴューした時に弾いたのはギロヴェッツの協奏曲だったし、そのショパンを最大の激励と賛辞をもってヴィーンの楽壇に紹介したのはギロヴェッツだった。
自作曲がハイドンの名で出回ってしまったり、本人の承諾なしで楽譜が販売されたりと、少々不幸な事件にも遭遇しているものの、比較的安定した環境で人生をおくれた恵まれた生涯だったと言えるかもしれない。
gyro01.jpg
ギロヴェッツ:ピアノ三重奏曲集
ソナタ変ホ長調op.23-2
ソナタ変ロ長調op.28-1
ソナタニ短調op14-2
ソナタイ長調op12-1

トリオ・フォルテピアノ
(NCA membran ドイツ輸入盤)



ここに集められた曲は、50曲近くある彼の「ピアノ三重奏曲」の中からの4曲。
正式名称は「クラヴサンまたはピアノフォルテの為のソナタ、ヴァイオリンまたはフルート、チェロのオブリガート付」という、なんだか少々長い題名の曲だが、モーツァルトやベートーヴェンの「ヴァイオリンソナタ」も大体こういう題がついているから、これが当時のこの種のスタイルの楽曲の慣習的な表記だったわけだ。ここではフォルテピアノ、ヴァイオリン、チェロという標準的な「ピアノ三重奏」編成をとっている。
全体はハイドン的な穏やかな雰囲気だが、各所にベートーヴェンを思わせるフレーズが出てくる。
彼の曲はどの曲もこの時代の平均的な手法で書かれ、とても聴きやすい。
それを平凡と言ってしまえばそれまでだが、二流ローカルな音楽に聴こえないのは、技法がしっかり身について感性と一体化しているからだろう。
激動する社会の中でうまく立ち振る舞い、広い見識が柔軟な感性を生んだようで、硬直しない自由な気分を感じる。
幻想、夢想はまだ薄いが、まもなく花咲くことになるロマン派音楽の萌芽も匂わせている。
ギロヴェッツだけがそうだった、というわけではなく、正に激動の時代の文化が生んだその典型のひとつといえるだろう。
演奏のトリオ・フォルテピアノは全員女性で、グループ名通りピリオド楽器による素朴な響き。豊穣な響きのモダン演奏とは対極だが、妙なアクセントをつけず、過剰な装飾もいれず、素直に楽曲の魅力を伝えてくれている。
疲れた体に邪魔にならない演奏だった。
後期古典派や初期ロマン派の音楽が好きならば必ず楽しめると思う。

posted by あひる★ぼんび at 23:20| Comment(0) | 音楽

2017年04月16日

合宿まとめ実行委員会

2017年春の合宿、先々週無事に当日を迎え、すごせたようだ。

合宿のしおりにあるタイムテーブルはこんなふう。
time002.jpg
ほとんど完璧に予定通りに実行され「楽しかった」というまとめになって、良かったと思う。

規模の小さな温泉宿で、人数も少ないから、すべて小さくまとまってしまいがちだが、そこは流石ベテランのなおちゃんやけっけ、そして静かに(卓球に^^)情熱を燃やすまゆちゃん、サポートの大人たち・・・参加者ひとりひとりのエネルギーの集積で、なかなか楽しい場が作れたようで、本当に良かったと思う。

170416_1918.jpg

奉仕とか義務感ではなく、実行委員自身も楽しみながら、他のメンバーのことを考えて企画を実行する、それはなかなか経験できないこと。
この行事の経験が、これからの劇場の活動にそして普段の学校生活に、何らかの刺激と活力になっていけばいいなぁ、と思う。
次は夏のキャンプ。対象人数が減っていることだけが不安だけれど、ぜひそちらも成立させたいものだ。

posted by あひる★ぼんび at 23:26| Comment(0) | 劇場

2017年04月10日

今年も桜咲く

戦前に戻りそうな変な数々の法律、連続する変な事件、そしてそれらに対する変な報道姿勢。
そんな「3H」で、自分たちのこれまでの「常識」はいとも簡単に覆され書き換えられていくようだ。
場の「空気」に弱く、周りに迎合しやすい日本人の気質。とにかく日本の未来が心配。

そうだね、けれど、心配は心配のままに流れてしまう。
僕達は何より皆、忙しすぎるのかもしれない。
IMG_4735bss.JPG

今年も桜は咲く。
IMG_4730ss.JPG

月も桜も、きっと人の世のことなど何も知らぬよ、と言うだろう。
170409_2241.jpg

posted by あひる★ぼんび at 23:37| Comment(0) | 日記

2017年04月04日

サカルトヴェロの仄かな光と影〜カンチェリの音楽D

グルジアと呼ばれていた国が「ジョージア」に変わり、最近はマスコミでもそう表示するようになった。
ロシア読みが英語読みに変わったところで、その国家のアイデンティティの行き場所はどんなものかと疑問になってしまうのだが、まあ、本人たちがジョージアと呼んでくれという希望なのだから、いいのだろう。
サカルトヴェロという元々の呼称はまた陰になるわけだ。
考えてみれば「日本国」だって、ニッポン、あるいはニホンと呼ぶのは日本人だけで、国際的にはジャパンとかハポンとかヤーパンと呼ばれている。だが、戦勝国米英の呼ぶジャパンに嫌悪感を持つ人などそうはいない。他国から直接の侵略支配を受けた経験のない国らしい柔軟性なのだと思う。

ギヤ・カンチェリはサカルトヴェロ(今後、このブログではジョージアではなくそう書くことにする!)の代表的な現代作曲家のひとりだ。
これまでもこのブログで何度も取り上げてきた。
宗教性薄く、政治思想性薄く、実験音楽要素も薄い。
ある意味、同世代の、また居住地域の音楽には珍しいスタイルだと思う。
実際は映画などの娯楽サブカルチャーとは密接な位置にいる人で、そのつもりならいくらでも「売れ線」音楽が作れそうな人なのだ。しかし商魂見え見えのわかりやすい音楽&セールスを展開する道を選ばなかった。ソ連→ロシアに支配された国にいた為というのも要因ではある。それもあって、屈折した感覚と、その謎っぷりが魅力なのだ。初期から現在まで、そんな謎オーラを発散させ続けているのだ。

kan-chi.jpg
カンチェリ:
キアロスクーロ
トワイライト

ギドン・クレーメル(指揮&ヴァイオリン)
パトリシア・コパチンスカヤ(ヴァイオリン)
クレメラータ・バルティカ
(ECM ドイツ輸入盤)




題名が示すとおり、バロック時代へのリスペクトを仄かに感じる(ただそれは気分だけの話で音楽的にはいつものカンチェリそのものだが…)「キアロスクーロ(明暗対比)」と、
病気療養中、窓外のポプラの木々を眺めることで着想を得たという「トワイライト」…
以上、ヴァイオリンと室内管弦楽による新作2曲で構成されたアルバム。
相変わらず断片的にわかりやすいメロディを散りばめ、ゼロと100の音量差を演出した音楽だ。
ただ、フルオーケストラではないので突然の轟音に肝を潰しそうになることはなく、安心して音に浸れる。
動乱の祖国から西側オランダに移住し、しばらくになったわけだが、すっかり心の安定を得たということだろう。
相変わらず暗色の哀しげなフレーズに埋められているものの、かつてのような死の影や苦みは幾分薄らいだ気がする。
つまり軋むようなグロテスクな音列で吠えてしまうことがなくなった。安心なような、残念なような…^^;
両曲とも静寂とその音列が醸し出す幽玄が楽しめる音楽だ。
カンチェリの「どの曲も金太郎飴」という感覚に特に嫌悪感がなければ、ペルトやタヴナーなどの宗教的な気分とは異なる独特の浮遊感も心地よい。
カンチェリのスペシャリストと言っても過言ではないクレーメルと彼の楽団も、ツボを心得た演奏を聴かせる。鋭角的で斬新なアプローチで知られる女流コパチンスカヤの参加も嬉しいが、小さな毒サソリがコブラの群れの中に混じったところで特別な凄味はなく、むしろ至って清冽な印象だった。
それでも、久々に程よい「カンチェリ毒」が楽しめた1枚だった♪

posted by あひる★ぼんび at 23:38| Comment(0) | 音楽